MCUフェーズ5を先取り! マーベル映画『ブレイド』とは? どんな能力?

1998年から2004年に掛けて3作品がすでに映画化されたことのある『ブレイド』

そんな、MCUのフェーズ5以降の作品として、リブート版の制作が決定されています。

『ブレイド』は人間とヴァンパイアの間に生まれたハーフ・ヴァンパイアの黒人男性ブレイドが、ヴァンパイア・ハンターとして活躍する物語です。

過去の映画化から15年以上が経過してのリブートですが、MCUでのブレイドはどんなキャラになるのでしょうか。

MCUと言えば他のマーベルヒーローが複雑に関係してくるのが見どころです。

他のヒーローと比較して、の強さやヒーローとしての能力なども気になりますね。

今回はマーベルヒーローブレイドについてご紹介します。

ブレイドの能力スキル

blade(c)marvel

体力:4
エネルギー:1
戦闘スキル:5
知性:2
スピード:2
パワー:4

過去作に学ぶ「ブレイド」

今でこそマーベル作品は大ヒットを連発していますが、当時はDCコミックスの『バットマン』や『スーパーマン』の影に隠れ、中々大ヒット作品を生み出せないでいました。

そんな中ブレイドは第1作目を1998年に公開し、大ヒット。

その後も三部作を走り切り、マーベルの実写映画を牽引。「元祖マーベル映画」と呼ばれる作品でもあります。

実はマーベルファンにとっては『スパイダーマン』以上に期待値の高い作品だったりするのです。

ブレイドの能力

エリック・ブルックスは人間とヴァンパイア両方の血を引く青年です。

エリックの母であるタラが妊娠したとき、彼女は医師に扮する吸血鬼ディーコン・フロストに襲われ、命を失いました。

その時、酵素を赤ちゃんであるエリックの血流に流れ込み、吸血鬼となって生まれてきたのです。

ハーフでありながら、母を殺した吸血鬼に復讐するためにヴァンパイアハンター「ブレイド」を名乗り初めます。

吸血鬼以上の身体能力

ブレイドは吸血鬼のすべての長所を持っているにも関わらず、人間の血が混ざっていることにより弱点もありません。

超人的な強さ、スタミナ、感覚、そして治癒の促進因子を持っていますが、吸血鬼特有の日光などの影響を受けないのです。

武器の達人

ブレイドは様々な武器による戦闘や武道を習熟しており、特に剣や短剣の技量においては達人クラスです。

 長寿命

ブレイドはヴァンパイアの血を引いているため、とても長生きです。

誕生は1929のロンドンですので、既に90歳オーバーですね。

MCU版「ブレイド」について

MCUの「ブレイド」リブートで主演を務めるのは、マハーシャラ・アリという役者で、2度のオスカーに輝いたオスカー俳優でもあります。

スパイダーマンと共演?

2020年にソニーピクチャーズより『モービウス』が公開されます。

『モービウス』は吸血鬼をモチーフにしたスパイダーマンのヴィランです。

実はブレイドとスパイダーマンは原作で何度か共演しているため、モービウスがMCU参戦なんてことになれば、スパイダーマンとブレイドと深く関わってくるに違いありません。

過去作品を無料で見るなら

『ブレイド』の過去作品を無料で見るならU-NEXTがオススメです。

31日間の無料トライアルを活用すれば最新映画を無料で見ることができるので一石二鳥ですね。

MCUフェーズ4以降に向けて、マーベル最新作をおさらいしましょう。

おすすめの記事