MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

MAFEX HARLEY QUINN(ハーレイ・クイン)のフィギュアレビューです。
2016年に公開されたDCコミックのアメコミ映画『SUICIDE SQUAD(スーサイド・スクワッド)』で活躍を見せたハーレイクインがMAFEXから登場です。

■個人的評価
劇中再現度:4.0/5.0
可動範囲:3.0/5.0
プレイバリュー:4.0/5.0

MAFEX ハーレークインのスタイル

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真 MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

全身のスタイルはこんな感じ。女性らしいシルエットが違和感なく造形されています。腰から太ももにかけてのシルエットが特に素晴らしいですね。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

背面です。お尻の肉付きや服のシワがとてもリアルです。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ジャケットは左右で色の違うデザイン。腕にはトゲトゲしいブレスレットが付いており、取り外しも可能です。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

顔のアップです。目元の化粧やハートのタトゥーなど、綺麗に塗装されています。前髪は軟質パーツです。首元には血のような汚し塗装が。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ジャケットは光沢のある質感ですが、Tシャツはツヤが抑えられていたりと、異なる質感もこだわって再現されています。
首輪は本体から独立しており、取り外しも可能です。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ベルトは独立した造形になっています。脇にはハンドガンのホルダーが。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真 MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

お腹・腰・太ももには綺麗にタトゥーの印刷がされています。全身タトゥーだらけですね。
網タイツは太もものでこぼこしたモールドで再現。

MAFEX ハーレークインの可動範囲

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

まずは肩周りの可動範囲から。上には90度より少し上に上がります。
手首は干渉するものがないので良く動きます。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

意外と肩の可動範囲は広く、腕を前後に持ってくる可動もそれなりに可能です。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

首は前にはそれほど大きく倒せません。
ツインテールの付け根が軸可動します。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

見上げる可動はそこそこ得意です。不自然な隙間もありません。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真 MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

腰の可動はそれなりですね。可もなく不可もなく。ジャケットは軟質パーツなので可動の妨げにはなりません。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

股割りは120度ほど。足首がそれほど動かないので設置性は△。

MAFEX ハーレークインの付属品

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

付属品は、交換用笑顔パーツ、ハンドガン、バット、ハンマー、手首が合計5つです。
手首はハンドガンとバット・ハンマー兼用の持ち手、左手はバットに添える用の手首が付属。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

めっちゃ笑ってます。良い笑顔。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ハンドガンのグリップのみのパーツも付属しており、脇のホルスターに装着することで、ハンドガン収納状態にもすることができます。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

全身で見るとこんな感じ。可動の妨げになるので個人的にはつけてない方が好きです。

MAFEX ハーレクインのアクション

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

女性らしい立ち姿。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ハンドガンに手を掛ける。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

銃を持ってご満悦。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

両手で銃を構えることも可能です。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

バットを装備。スーサイドスクワッドではバットをよく使っていたイメージがあります。(詳細は覚えていない…)

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真 MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ハンマーを構えて歩み寄り。不気味です。

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

笑顔で襲いかかる姿が似合います。笑

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

ハンドガンとハンマーを同時に装備。

まとめ

MAFEX ハーレークインのフィギュア写真

MAFEX ハーレイ・クインのフィギュアレビューでした。顔や体型、服装の細かい造形など、劇中再現度の高いフィギュアでした。武器も3種付属しており、なかなかなプレイバリューの高さでした。

ただ、ヒールを履いていることもあり、結構立たせにくく、スタンドを使用しないディスプレイはかなり慎重にポージングしないと難しそうでした。それほど激しく動くようなイメージもないので、致命的な欠点ではないですね。

 

おすすめの記事